2020年12月 冬の散歩

2020/12/26

大霜の寒い朝でしたが、日中は青空が広がるお散歩日和となり近くの神社や公園に出かけました。影にはまだうっすらと霜が残っており「雪?」と尋ねる子も。「あれは霜だよ」「霜か〜、白いね」と、光を浴びている部分が光り出す様子を見つめる姿もありました。林では木の実や落ち葉探しに夢中になりながらも、「暗い所寒いね」「お日様あったかーい」と日向と影の温度差に気づいたり、広場で思い切り走り「暑くなったー」と体を動かすと暖かくなることを感じたりと、冬ならではの発見もあったようです。