シール遊び たんぽぽ組

2019/01/23

たんぽぽ組では朝のおやつ後、シールを使って製作遊びをしました。台紙からシールを剥がし、指先についたシールを別の場所に貼るという細かい作業。大人にとっては単純に思える作業ですが1歳児クラスの子ども達にとっては指先を器用に使う力はもちろん、集中する力と根気強さも必要となります。色とりどりのシールに「わー!!」と目をキラキラさせる子ども達。シールを貼るのは節分に使う豆入れバッグや職員が用意したきのこの傘の部分など。好きな色を選び好きなように貼れるとあってどの子も集中しじっくり取り組んでいました。シールを使う作業が楽しい子、模様ができていくことが嬉しい子、子ども達の真剣な表情からそれぞれが遊びの楽しさや、「できた」という達成感を味わっていることが伝わって来ます。